長期優良住宅

「長持ち住宅」は、これからの住まいのスタンダード。

2009年6月4日より、長期優良住宅の普及に関する法律が施行されました。長期優良住宅は、私たちが住まう「家」の質のさらなる向上と、住宅を長期にわたって使用することで、環境への配慮や維持費用の軽減、「永く大切に使う」ストック型社会への移行を目的としています。
よりよい家を建て、より快適で豊かな暮らしを目指していく・・・数世代を通して住まうことのできる家は新しい住まいのスタンダードになろうとしています。

特徴
可変性
ライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更を容易に行うことができます。
省エネルギー性
省エネルギー基準に適した住まいで家の冷暖房の効果を効率よく実現します。
劣化対策
構造躯体を少なくとも100年程度継続して使用できます。
維持管理更新の容易性
耐用年数の短い内装や設備の維持管理・更新を、構造躯体等に影響を与えること無く容易に行えます。
バリアフリー性
手すりやスロープなど将来のバリアフリー改修にも対応できる設計。
耐震性
建築基準法レベルの1.25倍の地震力にも倒壊しない耐震構造。

長期優良住宅の認定には必要な規模の住戸面積を確保することが決められています。
一戸建ての住宅=75m2以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
共同住宅等=55m2以上(2人世帯の都市居住型誘導居住面積水準)

「長期優良住宅」の良いトコロ。

住まいの新しいスタンダードとして注目される「長期優良住宅」。長持ちする家が私たちにもたらすメリットは、「高耐久性・高耐震性」で安心して生活できることはもちろん、数世代に渡り、住み継いでいくことで1世代当たりの住まいに対する負担が軽減されます。
また、住宅寿命の短い日本において、何十年経っても劣化しない住まいは、その資産価値も高く維持し続けていくことが可能です。

税制優遇

長期優良住宅には、さまざまな税制優遇が適用されます。


Check Point!
長期優良住宅に認定された住宅は、【フラット35s】が利用できます。

※このシュミレーションは手数料、諸費用等は含まれておりません。
※実際のローンのお申し込みに際しては審査が必要です。 審査結果によってはご要望に添えない場合がありますのでご了承ください。